字幕翻訳の重要性!韓国語などの字幕つき映像の効果とポイント

字幕翻訳の重要性!韓国語などの字幕つき映像の効果とポイント

日本語をはじめ、韓国語などの外国語に翻訳し、字幕つきで配信している映像コンテンツをよく目にするようになりました。映像のグローバル化をご検討中の方も多いのではないでしょうか。

映像に日本語や韓国語などの字幕をつける効果は、対応言語にあてはまる閲覧ユーザーの獲得だけではありません。実は字幕をつける効果は多岐にわたるのです。そこで今回は、字幕をつける意外な効果を詳しくお伝えします。また、映像は様々な媒体配信ができるコンテンツです。

WebサイトやSNSなど配信先別に、字幕をつける際のポイントも見ていきましょう。既に何らかの媒体で映像配信をされている方、これから配信媒体の導入を検討される方はぜひ参考にしてください。

日本語や韓国語など映像に字幕・翻訳をつける効果とは?

カラフルなアルファベット

映像に字幕をつけるメリットはたくさんあります。気づいていない嬉しい効果があるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

ミュートでの閲覧が可能になる(閲覧数の向上)

字幕のない映像は、音声がないと内容を十分に理解することができません。しかし、映像を閲覧するときに音を出せない場面もあります。

例えば、電車の中、公共施設や病院の待合室などではマナーモードが必須です。そういった場合でも字幕があれば、しっかり内容を把握することができます。

字幕のSEO効果による閲覧確率の拡大

映像に字幕をつけることはSEO対策にもなります。タイトルや簡素な説明、タグにテキスト情報として加えることができるのです。その映像が検索結果のより上位に上がる可能性を高めることができるでしょう。

より多くの人の目に留まるためには、クリアしておきたい要素です。

多言語による閲覧ユーザーの拡大

映像のオリジナル言語を翻訳した字幕を入れることで、インバウンドへの期待が高まります。英語や日本語はもちろん、韓国語や中国語、フランス語などの対応言語が多くなるほど閲覧層が広がります。

どんな情報もやはり母国語のほうが理解度は高いですし、特にビジネス上の情報はクリアに理解できるかどうかが最終的なコンバージョンに影響を与えます。

フォアクロスでは、高品質の映像字幕・翻訳を提供いたします。日本語への翻訳はもちろん、英語や韓国語などの外国語への翻訳も対応可能です。

映像に字幕・翻訳を入れる際に押さえておきたいポイント

赤色のペンで書かれたポイント

映像を配信できる媒体は多数存在します。ここでは、字幕をいれる際のポイントを配信先別に見ていきましょう。

SNS

SNSは、常時流れる情報の中で目に留めてもらうことが重要です。そのためには、映像の中で字幕や翻訳の存在を認識できるようにしておきます。その際、デザインにも気を配りましょう。

また、YouTubeでは字幕編集機能を使って編集、FacebookなどではSRTファイルをアップする必要があります。媒体ごとの字幕についての規定をしっかり確認しながら進めましょう。

Webサイトやランディングページ

Webサイトやランディングページでは、商品やサービスの紹介用の映像の配信も多く、その場合、正確に情報を伝えなければなりません。できるだけ長文は避け、シンプルな字幕に仕上げることがポイントです。簡潔な言葉にすると内容が理解しやすくなります。

映像内容・閲覧環境に合わせて字幕準備

国籍や年代など、どのような人を対象とした映像内容や想定される閲覧デバイスによって、字幕の言語の種類やテイスト、フォントの大きさを調整するようにしましょう。

海外に向けたものであれば、英語、韓国語、中国語などの字幕翻訳が必要です。日本人にも見てほしい場合は日本語字幕も入れます。要点や必要な情報を抜粋して、読む負荷を低減化するのがポイントです。

フォアクロスでは、文化的・社会的な背景、発信者・制作者の意図を明確に捉え、品質にこだわった映像翻訳・字幕制作を行っています。字幕や翻訳について不明点・疑問点がありましたら、お気軽にフォアクロスまでお問い合わせください。

映像に合った字幕・翻訳を入れて最大効果を狙おう

字幕つき映像と字幕のない映像の差をご理解いただけましたでしょうか。字幕つき映像の最大効果を得るためには、配信先に合った字幕制作を行うことが大切です。どの媒体で配信するかで編集方法が異なることも知っておきましょう。

効果的な翻訳・字幕編集に不安のある方、面倒に感じられる方はフォアクロスにぜひご相談ください。

映像に韓国語などに対応した字幕翻訳をつけるならフォアクロスへ

会社名 株式会社フォアクロス
住所 〒105-0004 東京都港区新橋6丁目9-4 新橋六丁目ビル2F
電話番号 03-5472-4096(代)
FAX番号 03-5472-4097
メール info@f-cross.com(代表)
URL http://f-cross.com
設立 平成16年10月1日
資本金 10,000,000円
代表取締役 紙岡 京子(登記名:江頭 京子)
業務内容 映像制作/字幕・吹替製作/翻訳/コンテンツ配給/映像翻訳者の育成
取り扱い言語 英語 フランス語 中国語 ドイツ語 韓国語 イタリア語 スペイン語 タイ語 ロシア語 ヒンディー語 33言語対応(ヒアリング可)
加盟団体 日本音声製作者連盟

過去の記事