修了生の声

マルチリンガル映像翻訳者養成講座はプロとして必要な知識、他では習えない
スキルを網羅したプロ養成講座です。

ステップアップを望むプロの翻訳者さんにもご好評をいただいています。
静岡、兵庫、大阪、福島から毎週通学された方もいらっしゃいました。
トライアルに合格した修了生にはすでにお仕事を発注しています!
2016年度実績 発注率70%以上

スキルを凝縮した上級者向けのクラスですので、映像翻訳実務未経験の方は、
入門クラスからの受講をおすすめします。

英語だけでなく、中国語やイタリア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、
韓国語など、多言語の翻訳者さんが多く受講されています。
皆さまのご意見をもとに、毎回カリキュラムを改正しております。

字幕入門クラス

  • 基本的なルール、課題ともに初心者にとってすごく分かりやすく 楽しい内容でした。(中国語)
  • 本や一般的な情報で得られる知識ではなく、実践的ノウハウが詰まった授業で 大変勉強になりました。 また翻訳者育成への熱意も感じられ、今後の自分の翻訳者としての姿勢を 正すきっかけになりました。(英語)
  • 日本語台本を使っての講義だったので、興味を持って受けられました。(英語)
  • 翻訳作業を実際にやってみて、想像していたよりもはるかに難しい仕事だとわかり、 ますます意欲が湧きました。 ありがとうございました。(イタリア語)
  • 短い期間で凝縮して学ぶことができました。実際に自分の字幕を映像に表示して 見るのが大変面白かったです。ためになりました。 ますます映像翻訳者になりたい気持ちが固まりました。(韓国語)
  • 数人の字幕を発表して検証することで、一つの原文でも様々な表現方法が あることが分かり、とても勉強になりました。(英語)
  • 最初は字数に合わせることばかり考えていましたが、 実際に映像にのせてみると全く合わないと感じたことが多かったので、 SSTでの試写はとても良かったと思います。(ドイツ語)
  • 講義内容は分かりやすくとても良かったですが回数が足りない気もしました。 基礎コースなのでこの位でよいのかもしれませんが…(イタリア語)
  • 映像翻訳はまったくの初心者で不安でしたが、昔から憧れていたこともあり、 思い切って受講しました。 短期間で分かりやすくルールが覚えられたのがよかったです。 自分の書いた字幕を画面で見られるのも感動で、毎回の課題が楽しみでした。 プロクラスも頑張ります。(フランス語)
  • 字幕翻訳の仕事を全体として見渡すには非常によかったです。(中国語)
  • 独学で2年間勉強していたのですが、その2年間分を6回に詰め込んだような 濃い内容でした。 ずっと疑問だった部分がよくわかり、自分にとってはかなり有意義でした。(韓国語)
  • 全体的には満足している。ハコの切り方について、 もう少し詳しい内容を知りたかった。(英語)
    →日本語テキストを使用しているため、ハコ切りについてうまく伝えるのが なかなか難しいのですが、毎回課題に手を加えて工夫をしています。 ご意見ありがとうございました。
  • 初めて勉強したので、自分がどのくらい理解できたか不安ですが、基本ルールを 効率よく学べるよい環境だったと思います。(イタリア語)

入門クラス修了生の9割が、プロクラスに進学しています。

字幕プロクラス

  • 自分の字幕を客観的に見直すいい機会になりました。(韓国語)
  • 毎回非常に集中して受講しました。プロならではの厳しい視点でいかに字幕を 練り上げるか、短い期間に真剣に取り組めました。 “字幕に正解はない”と言われていましたが、あらゆるバランス感覚を駆使して 作品を伝える仕事は、内容の濃いやり甲斐があることだと感じました。(フランス語)
  • 自分の課題と、他の方の課題を比較検討できたのが非常によかったです。 いろいろな見方があると再認識し、視野が広がった。 すぐに仕事に反映できる内容が多く満足している。(英語)
  • 課題の講評がとても丁寧だったと思います。(中国語)
  • 講師の体験談、制作会社担当者の視点など、他の学校では得られない情報を 教えていただいたと思います。(韓国語)
  • 数年仕事をしているうちに見過ごすようになってしまった細かい部分に、 改めて気づくことができ、大変参考になりました。 今後の仕事に反映させていきたいと思います。(英語)
  • 調査や申し送りの大切さを学ぶことができてよかったです。 作品全体のリサーチをして申し送り書を作成しているうちに、自然な日本語表現が 思い浮かぶようになりました。(英語)
  • 字幕翻訳に必要な日本語表現、演出などをご指導いただき大変勉強になりました。(英語)
  • すでに字幕翻訳者として活躍している方も受講されているせいか、入門クラスからの 初学者にとっては内容が細かすぎて、理解できないところがあった。(中国語)
  • 短期間に内容が詰まった講座でした。 今ミスしておくことが大事という励ましがとても力になりました!(中国語)
  • 課題の内容が濃く、役に立ったと思います。 プロデューサーの視点から見たよい字幕づくりというアプローチが、 新鮮かつ役に立ったと思います。(中国語)
  • 講座では制作チームの一員としての意識を持って翻訳にあたる重要性を教えて頂き、 映像翻訳者に求められるスキルを再認識しました。 7回の講座はあっという間に終わってしまった感があり、今後回数を増やして いただければ再度受講したいと思います。(中国語)
  • SSTを使った演習は、他の方の課題とも比較できてよかったと思います。 ちょっとした言い回しで分かりやすくなる例など大変参考になりました。(スペイン語)
  • 授業時間を過ぎても熱心に指導していただき本当に感謝しています。 放送不適当用語を詳細に教えていただいたのも大変役に立ちました。(英語)
  • 1回の授業時間が長いので、1回90分にしてその分授業回数を増やして もらえると助かります。(英語)
  • 実際の仕事で役立つと思われる知識、情報が多くとても有意義なコースでした。 ただ、初めて耳にする用語ばかりでなかなか覚えきれず、不安に感じることもあり、 もう少しコースの回数が長くてもいいかな、と思いました。(イタリア語)
  • 常に時間が足りず、自分の訳の問題点を認識できても、どう改善したらよいかまでは 答えを得ることなく終わってしまった感があります。 時間は3時間でもよいと思います。(中国語)
  • 全回、字幕演習でもよいのでは? 他の方の訳を見られたのも役に立ちましたし先生の解説も実践的でした。(英語)
    →プロクラスでは、演習だけでは伝えきれない、現場で必要とされるスキルの 解説にも重点を置いています。
    演習をもっと増やしてほしいというお声に応えるため、プロクラス修了生の方限定の 演習講座を開講しました。
  • ジャンル別の課題をこなせるマンツーマンの実践クラスです。 授業のスピードが早すぎて、質問時間なども特になかったため、 タイミングを見ながら質問するので精一杯でした。全体的に余裕が ありませんでした。(韓国語)
    →申し訳ありません。プロクラスは特に内容を詰め込んでしまっているため ペースが速いと感じられた方も多いようでした。 今後は質問の時間を多くとるようにいたします。

吹替総合講座

  • 基本的なルール説明の後は演習中心で、演習の講評をしながら 個別ケースについての細かい検証を行いました。 各人の原稿を実際に声優さんに読んでもらうアテレコ実習も行い、 受講生の皆さんが毎回みるみる上達していくのが分かりました! 大変効果的な実習だったと思います。 もう少し回数が多いといいと思いました。(英語)
  • 字幕とはまた違う、吹替の難しさがよく分かりました。 実際に声優さんに原稿を読んで頂けたことも参考になりました。(中国語)
  • 課題として、SF、刑事もの、恋愛ものなど様々なジャンルをやってみても 良かったと思います。(英語)
  • キャラクター作りの大切さや、語彙を増やさなければならないと身にしみました。 字幕と耳で聞く言葉との違いがよくわかりました。(英語)