動画制作の多言語活用シーンを知る!実績・料金相場を確認して対応言語を増やそう | フォアクロス

動画制作の多言語活用シーンを知る!実績・料金相場を確認して対応言語を増やそう | フォアクロス

動画制作をお考えの方は、多言語に対応したものを作ることをおすすめします。なぜなら、対応言語が豊富であるほど、より多くの人にあなたの作品を届けられるためです。

今回の記事では、多言語動画の活用シーンと多言語動画作成のポイントについて解説します。また、字幕や吹替の追加を業者に依頼する際の料金相場についても紹介します。

動画制作の活用シーンは製品・サービスの紹介や企業PRなど

黒板に書かれた多言語

動画制作は自社の宣伝として活用できます。最近ではYouTubeの台頭により、動画サービス界隈が盛り上がりを見せています。

更なる販路拡大をねらうのであれば、今すぐにでも取り入れるべきでしょう。動画制作の具体的な活用シーンとしては、以下のような場面が考えられます。

まず、日本中の人々に自社製品をPRできます。また、動画だとテキストや写真よりも詳細に使い方やデザインを紹介でき、消費者に製品の魅力を効果的に伝えられます。動画を活用すればサービス内容の紹介も効果的に行えます。

テキストベースの紹介ではどうしても無機質になりがちです。しかし動画制作をすることで、アニメーションなどを追加することでエンタメ性を盛り込むこともでき、視聴者を楽しませながらサービスのPRができます。

動画制作は企業PRにも活用可能です。「どのような事業に取り組んでいる会社なのか?」「社内の雰囲気や社員はどんな人たちなのか?」といった情報を動画内に盛り込めば、採用活動や新たな取引先の開拓に役立ちます。

こうした動画は、対応言語を多言語にすれば、日本だけでなく世界中に発信でき、宣伝効果が高まります。
フォアクロスでは、多言語での動画制作にも対応しております。

多言語動画を作成する3つのポイント

多言語動画の作成ポイント

多言語動画を作成する3つのポイントは次のとおりです。

  • 字幕を付ける
  • 吹替を行う
  • プロの業者に作業を依頼する

世界中の人に見てもらえる動画を作成する方法としてまず思い浮かぶのは、字幕を付けて対応言語を増やすというものでしょう。

いくつかの対応言語の字幕を用意すれば、視聴者層はぐっと拡大します。しかし、字幕はただ単に話している内容をテキストに変換すればよいというものではありません。

なぜなら、1秒あたりに認識できる文字数には限りがあるからです。日本語の場合、字幕は1秒間に4文字以内に抑えるのがよいとされています。これ以上文字数を増やすと、文章を読むことに注力し、映像にまで目を向けられません。

このように、字幕制作はさまざまなノウハウがあり奥が深いものです。吹替も動画を多言語対応にする方法のひとつです。吹替にも字幕の場合と同様、制限があります。それは、出演者の口の動きに収まるよう翻訳しなければならないという制限です。吹替も単に発する言葉を翻訳するだけでは上手くいかず、内容の取捨選択を行う必要があります。また、動画に音声をあてがうアフレコ作業には経験が必要で、誰でもできるものではありません。

上述のとおり、多言語対応の動画を作成するには字幕作成、もしくは吹替を行う必要があります。しかし、それらはさまざまなテクニックを要し、素人には難しい作業です。そこで、これらの作業はプロの業者に依頼することをおすすめします。

プロの業者は、過去の実績から効果的な字幕、吹替とはどんなものであるのかを熟知しています。そのため、視聴者の見やすい動画が作成でき、効果的な宣伝が行えます。また、多言語対応にする作業に時間を取られることがなくなるので、コンテンツの中身に注力でき、より魅力的な動画が作成できます。

フォアクロスであれば、数多くの実績を元に、より世界中の人に響く、多言語対応の動画制作・映像制作をお手伝いできます。

多言語対応の動画制作の料金例

多言語対応の動画を作るためには、字幕作成や吹替を専門に扱う、実績のある業者に依頼する必要があります。しかし、実際どのくらいの費用がかかるのかまったく見当がつかない人も多いでしょう。フォアクロスが過去に扱った案件と料金は以下のとおりです。

  • 30分の動画に英語から日本語に翻訳した字幕を追加:15万円
  • 70分の動画に英語から日本語に翻訳した吹替を追加:60万円

これらの料金はあくまで一例です。実際には見積もり後に料金を決定します。多言語対応の動画の作成をお考えの方は、字幕、吹替の実績が豊富な弊社に一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

多言語に対応した動画制作をお考えの方はフォアクロスへ

会社名 株式会社フォアクロス
住所 〒105-0004 東京都港区新橋6丁目9?4 新橋六丁目ビル2F
電話番号 03-5472-4096(代)
FAX番号 03-5472-4097
メール info@f-cross.com(代表)
URL http://f-cross.com
設立 平成16年10月1日
資本金 10,000,000円
代表取締役 紙岡 京子(登記名:江頭 京子)
業務内容 映像制作/字幕・吹替製作/翻訳/コンテンツ配給/映像翻訳者の育成
取り扱い言語 英語 フランス語 中国語 ドイツ語 韓国語 イタリア語  スペイン語 タイ語 ロシア語 ヒンディー語 33言語対応(ヒアリング可)
加盟団体 日本音声製作者連盟

過去の記事